滋賀のママがイベント・育児・遊び・学びを発信 | シガマンマ|ピースマム

身近なニュース

※新型コロナウィルス感染症等の拡大状況によっては、一部のイベントが中止・延期、内容変更等の可能性がございます。最新情報につきましては、各イベント主催者のホームページ等を、ご確認いただきますようお願いいたします。

シガマンマ、ママライターがNHKニュース新番組「ニュース きん5時」の取材を受けました!

シガマンマのライターをさせてもらっている中で、NHKの取材を受ける機会をいただき、2021年2月16日にリモートによる取材を受けました!!

NHKの金曜日夕方5時から放送される新番組「ニュース きん5時」の新コーナー「夕顔」という夫婦生活の実情を描いたコントが放送予定!

放送にちなんで実際のママのお悩みについて取材を受けました。

 

毎日の生活や子育てで、「この悩みって私だけ?」又は「こんなんで困ってます」や「これっておかしくないですか?」子育てのエピソードなどなど・・・出てくる出てくる話のネタ!!

子育て中のママによくある悩み【子育て、あるある】や、【家族へのちょっと不満!あるある】【コロナ禍での悩み・・・あるある】などを話しました。

 

毎日奮闘しているママならではのトークになりましたので、どんな内容だったのかご紹介させてもらいますね♪

 

スクリーンショット (150)

 

お題は【家事・育児の悩み】【家族に関する悩み】【コロナ禍での生活の悩み】でした。

 

【家事・育児の悩み、あるある】

・朝は本当に戦争です。

・子どもを起こすのも一苦労な毎日の乗り切り方として、テレビをつけて「〇〇のテレビはじまるよ~」で起こす。

・どっちが見たい番組をみるとか、みないとか・・・兄弟姉妹のケンカが始まる。

・朝ご飯を食べない子どもに、ごはんを口まで運んでとにかく食べさせる。

・靴をはいて、さ~出かけよう!となると、「トイレ!」と一言。「なんで今なん!!」とママは泣きたくなる。

・子連れでの買い物は、本当に一苦労。

 

どの家庭も「あるある!ほんとうちも同じです!」エピソードが出ていました。

 

【家族に関する悩み、あるある】

この話は、私のワンオペ育児エピソードとして取材でお話させていただきました。

 

『忘れもしない、ワンオペ育児の夜の出来事 =私の家庭編=』

うちは、子どもが産まれたときからワンオペ育児が主流で、上が女の子、下が男の子の2人の子育てママです。

上の子が幼稚園の年長さんの、3月のある日。

下の子が、初めて蕁麻疹を発症・上の子が風邪をひいてのダブルパンチ。これだけでもかなりキツイのですが・・・。

(前置きとして、私は蕁麻疹を経験したことも、見た事もなくて、無知だったんです。そして、息子くんのぐずぐずの原因が蕁麻疹ともわかっていませんでした。)

 

いつもにないくらいぐずぐず泣く息子くん。(なんでこんなに泣いてるんやろう)

傍らでは、風邪の為少しぐずっている娘さん。(そろそろ眠い時間かな)

 

時間は20時すぎです。

 

2人のぐずりはピークに!!

泣き叫ぶ息子に、ぐずぐず泣く娘、家の中は嵐が来たような感じでした。(この家の中に、そしてこの2人に一体なにが起こっているん?!)

私は、どうしたらいいのかわからずにパニック!

なだめてみても、落ち着く様子もなく・・・『も~こんなん無理!!お手上げやわ』と携帯を片手にとり、主人に電話を掛けました。

「2人がぐずってぐずって大変なんよ、もう、私一人ではどうにもならんから、どうにか都合つけて帰ってきてくれん?!」

と、藁にもすがる思いで電話をしました。

都合がつけば「わかった、これから帰るわ」と言ってくれる主人です。

 

主人は一言「こっちも、夕方から車が故障して、動かん車の中で修理を2時間まってるんや」「ごめん」と。

その時、電話を切るしか選択肢がなく『今日はなんて日なんや』と仕方なく現実を受け止めました。

 

家事も何もかも放り投げて(今は何を優先すべきか・・・)

「とにかく上の子を横になって休ませてあげんと」と、ぐずぐずの子どもたちをなんとか布団まで運びました。

娘さんは横にころんとなると、落ち着いて寝てくれました。

その後、主人が帰ってきてから病院に行き、息子君は蕁麻疹だったと知りました。

 

ワンオペ育児による、子どもの急病時の大変さは、皆さん「うんうん、あるある」共感できる話でした。

 

【コロナ禍での生活の悩み、あるある】

・育児の悩みなどを話せる場がない

・妊娠中の検診や、出産の際も制限があった

・在宅勤務になった家族(ご主人)の昼ご飯

・友達とも気軽に会えない

 

制約がある中での生活には、「みなさん、いろんな場面で、あるあるお悩み」がでていました。

出産を控える方から、出産後の育児をする方、子どもが幼い方、個々に大変なエピソードがあります。

 

コロナ禍での在宅勤務により、普段いないはずのご主人が家にいると、『良くも悪くもその存在感はでかい!!』と笑い話がでていました♪

 

実際のママのお悩みがコントになってます!

是非チェックしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

注目記事

LINEで送る
こまちこまち
小学生のおしゃれ大好きな娘と、幼稚園児の車大好きな息子の母です。好きなことは園芸で、花や植物を育てるのが楽しみです。親子で過ごせる時間を、めーいっぱい楽しめたらな…と、笑顔を忘れずに日々過ごしています☆
2021.3.4身近なニュース, , , , , , , 229 view

「シガマンマ」広告掲載のご案内

滋賀のママが滋賀のママのために情報発信
ピースマムがプロデュースする
ニュースサイト「シガマンマ」
広告掲載のご案内

サービス名「シガマンマ」は「ママ(イタリア語ではマンマ)×滋賀のまんま」を掛け合わせた造語。

滋賀に暮らし、子育て中のママが、ママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になるニュースを毎日配信します。
サービス開始以降、約30名の専任スタッフ(ママ)が、日々の暮らしの中からニュースを寄稿、専用システムを経由して、月間400本前後の記事を配信します。配信内容は、パソコン、タブレット、スマートフォンで簡単に閲覧できます。

2016年3月の開設以来、今日までに19000本を超えるニュースを配信してきました。

「シガマンマ」では、滋賀県内で催される子ども向けイベントや、子育てに役立つ便利グッズ、子どもの習い事情報など、すべてママ目線で寄稿され、「滋賀で子育てを楽しむママ」を応援することをメインテーマとしています。 サービス開始以降、絞り込んだターゲット層にも関わらず、ユニークユーザ15~17万人を超えたサイトに成長しております。

  • ★ SHIGA MAMMA シガマンマhttps://news.p-mom.net/
  • 2018年7月 滋賀ICT大賞 優秀賞受賞


    滋賀県内の子育て世代に効果的なPRをお考えの方はこちらから、媒体資料をご覧いただけます。

    シガマンマ媒体資料PDF