滋賀のママがイベント・育児・遊び・学びを発信 | シガマンマ|ピースマム

お出かけ場所(食・遊・ショップ)

※新型コロナウィルス感染症等の拡大状況によっては、一部のイベントが中止・延期、内容変更等の可能性がございます。最新情報につきましては、各イベント主催者のホームページ等を、ご確認いただきますようお願いいたします。

紅葉は今が見頃!”比叡の秋めぐり2020”開催中の「比叡山延暦寺」へ行ってきた!子連れでの回り方もご紹介♪

秋のお出かけといえば、紅葉狩り!

滋賀の紅葉名所「比叡山」も、今がとても見頃です!

先日、「比叡の秋めぐり2020」が開催されている比叡山延暦寺へお出かけしてきたので、ご紹介します♪

 

 

「延暦寺」とは、比叡山の山内にある1700ヘクタールの境内地に点在する約100ほどの堂宇の総称だそうです。

「延暦寺」という建物があるわけではありません。

比叡山の山内を地域別に、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、北を「横川(よかわ)」の三つに分けられています。

 

 

【東塔エリア】

比叡山ドライブウェイ「田の谷ゲート」から入って最初にあるのが「東塔」です。「東塔」は延暦寺発祥の地とされています。

本堂にあたるのが「根本中堂」です。

6D922BEE-0F66-478E-BAB7-97BF278BA5A3

まさに今が見頃!紅葉がとても綺麗に染まっていました!

「根本中堂」は、現在”平成の大改修”の真っ只中。10年にわたる大改修の最中であり、外観がプレハブのようで驚きました!

639D3E92-68DC-4F81-A5DE-2C6D22A0C4B5

本堂の外観が見られないので残念!と思いましたが、根本中堂中庭には「修学ステージ」が設けられています。

「修学ステージ」では、根本中堂の屋根の高さまで登ることができ、屋根や柱などの木部の修理等を見学することができます。

普段目にすることのない貴重な光景で、お堂の中を探検しているような気分。このような光景を見学できるのは今だけなので、子どもと一緒に見学するのがオススメです!

東堂では、他にも大講堂(重要文化財)や阿弥陀堂など、趣のある建物がたくさんあります。

E08563C4-FADC-454C-8004-19237401C84A

3687DB6F-2DDF-449E-8F3D-B67A3BCD4882

気持ちを込めて、鐘をつくこともできましたよ♪

子どもたちにとっても思い出深い経験になったようです。

7BB4FCF1-F608-4C2D-9D23-290A423202AB

東塔エリアで子どもたちといきたかったのは、文殊楼(もんじゅろう)。

文殊楼には知恵の神さまである、文殊菩薩さんがおられます。合格祈願の絵馬もたくさん掲げられていました。

3857E91C-3FB8-495F-A615-DF2D285317F9

根本中堂の東側にあるのですが、たどり着くまでにはかなりの石段があります!

 

途中で休憩しながら登りました。

FA89D26C-E797-4485-9AF6-C0B2633EF119

さらに、文殊楼の内部にも、ほぼ直角のような急な階段があります。歩き始めの小さな子どもさんだと少し危ないかもしれません。

頑張って登ったところにおられる文殊菩薩さんへ、勉強や習い事のお願いをしてみてくださいね。

 

 

【西塔エリア】

東塔から北へ1キロメートルほど行くと、西塔エリアがあります。

左右対称のお堂が、廊下によって繋がった常行堂・法華堂(にない堂)。正面向かって左が常行堂、右が法華堂です。

弁慶が両堂をつなぐ廊下に肩を入れて担ったとの言い伝えから、にない堂とも呼ばれています。

96163AC6-EA05-4C4E-A92C-5638165D3ECB

にない堂は国重要文化財で、内部は非公開です。

 

 

西塔の本堂にあたるのが、こちらの転法輪堂(釈迦堂)です。

3F385455-72EE-456D-B53D-63A03AC16770

釈迦堂は、比叡山内では最も古い建造物だそう。

2020年11月30日(月)まで、釈迦堂の内陣(お堂の内部)は特別公開されています。

普段入ることができないお堂の聖域は、研ぎ澄まされるような空気感!子どもたちも少し緊張しながら見学していました。

 

 

 

こちらは、西塔エリアの中で少し離れたところにある「瑠璃堂」です。

瑠璃堂は、信長の焼き討ちを逃れた唯一の建物と言われ、建立された室町時代後期の建築様式を今に伝えています。
93320127-78A7-49A8-9259-2373199262E6

普段は内部非公開ですが、こちらも2020年11月30日(月)まで特別公開中!
正面扉が開帳され、本尊の薬師瑠璃光如来を拝むことができました。

釈迦堂から瑠璃堂までは、少し距離があります。小さな子どもさん連れでは少し疲れるかもしれません。

山道をたくさん歩くので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

 

 

【横川エリア】

横川は、西塔から北へ4キロメートルほどの行ったところにあります。

本堂の「横川中堂」は、遣唐使船をモデルとした舞台造り。紅葉と相まってとても綺麗な風景でした。

71D363E4-D424-4326-BB74-AC1DA3692033

横川エリアには、この他にもおみくじ発祥の地と言われる「元三大師堂」等がありました。

 

2020年11月23日(月・祝)まで、横川駐車場では「もみじ祭り」が開催中です!

毎日開催されている無料抽選会には、お1人1回無料で参加することができます。
運が良ければ、比叡山オリジナルグッズ、梵字ラテ無料チケット、ガーデンミュージアム比叡ペア御招待券、近江米などが当たります♪

私もお抹茶セットが当たったので、みたらし団子(200円)と一緒にいただきました。

C7A92EE8-A999-4D96-BD6D-6A616B3DFAF0

コロッケや焼き栗などの販売もありました。建物内でも、外のベンチでも食べることができました。

 

 

街中の紅葉とは一味違う、山のもみじたち。

山の上の空気はとても美味しくて、自然からたくさんのパワーももらえたような気がします!

3つのエリアを全て回って歩いたので、帰る頃には軽く2万歩を超えていましたが、どれか1箇所、2箇所だけでも十分楽しめますよ♪

紅葉の見頃にはまだまだ間に合います!ぜひ比叡山へお出かけしてみてくださいね!

====

◆比叡山延暦寺

大津市坂本本町4220

TEL:077-578-0001(代)

>>巡拝時間・料金はこちら

>>ホームページはこちら

>>「比叡の秋めぐり」はこちら

注目記事

LINEで送る
キキキキ
大津市在住の小学生姉妹ママです。ランチとおでかけ大好き!趣味はポイ活、特技はパソコンと工作です☆楽しいお出かけスポットやお得情報、子どもたちが喜ぶことをたくさん紹介していきます♪
2020.11.9お出かけ場所(食・遊・ショップ), , , , 365 view

「シガマンマ」広告掲載のご案内

滋賀のママが滋賀のママのために情報発信
ピースマムがプロデュースする
ニュースサイト「シガマンマ」
広告掲載のご案内

サービス名「シガマンマ」は「ママ(イタリア語ではマンマ)×滋賀のまんま」を掛け合わせた造語。

滋賀に暮らし、子育て中のママが、ママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になるニュースを毎日配信します。
サービス開始以降、約30名の専任スタッフ(ママ)が、日々の暮らしの中からニュースを寄稿、専用システムを経由して、月間400本前後の記事を配信します。配信内容は、パソコン、タブレット、スマートフォンで簡単に閲覧できます。

2016年3月の開設以来、今日までに19000本を超えるニュースを配信してきました。

「シガマンマ」では、滋賀県内で催される子ども向けイベントや、子育てに役立つ便利グッズ、子どもの習い事情報など、すべてママ目線で寄稿され、「滋賀で子育てを楽しむママ」を応援することをメインテーマとしています。 サービス開始以降、絞り込んだターゲット層にも関わらず、ユニークユーザ15~17万人を超えたサイトに成長しております。

  • ★ SHIGA MAMMA シガマンマhttps://news.p-mom.net/
  • 2018年7月 滋賀ICT大賞 優秀賞受賞


    バナー広告、掲載価格はこちらからご覧いただけます。

    シガマンマ広告バナー掲載価格PDF

    滋賀県内の子育て世代に効果的なPRをお考えの方はこちらから、媒体資料をご覧いただけます。

    シガマンマ媒体資料PDF