滋賀のママがイベント・育児・遊び・学びを発信 | シガマンマ|ピースマム

身近なニュース

※新型コロナウィルス感染症等の拡大状況によっては、一部のイベントが中止・延期、内容変更等の可能性がございます。最新情報につきましては、各イベント主催者のホームページ等を、ご確認いただきますようお願いいたします。

2021年4月1日創設 子どもの幸せ応援基金「はぴとも基金」のロゴマーク募集! ※彦根市在住・在勤

子どもの貧困、考えたことありますか?

経済的な貧困だけでなく、愛情の貧困やつながりの貧困も問題視されています。

963171

彦根市社会福祉協議会では、2021年4月1日、子どもの幸せ応援基金「はぴとも基金」を創設!

子ども食堂などの居場所作りや、子供服・制服等のリユース、地域の子育て応援・・といった、「子どもの幸せ」を応援する基金だそう。

寄付を募り、子育て世帯への応援、子どもにかかわる活動団体の応援、小児難病救済に活用されるそうです。

 

社会福祉協議会では、その「はぴとも基金」のロゴを募集中

213652

シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)のデザインを募集。

応募は2021年5月31日(月)まで。

彦根市在住・在学・在勤の方ならどなたでも応募できます!

※応募の際は必ず応募用紙の注意事項を確認し、必要事項をお伝えください

 

コンセプトは、

・やさしくやわらかく包むイメージ

・みんなで、地域・社会全体で包むイメージ

※文字は「はぴとも基金」のままとし、ローマ字は使えません。

 

手書き応募の場合はペンではっきりと。

作品が折れないように郵送または持参(白い紙であればOK)

郵送先

〒522-0041 彦根市平田町670福祉センター別館

彦根市社会福祉協議会 はぴとも基金ロゴマーク募集係 宛て

 

データ応募の場合はメールで作品添付し、メール件名【はぴともロゴマーク応募】で送信。

JPEGまたはPDFデータで、データ容量は3MB以下としてください

メールアドレスはホームページに記載。

 

事務局で5作品程度に絞られた後、6月に一般投票が予定されています。

お子さんと一緒に作ってみるのも楽しそう♪

絵に自信がある方も、そうでない方もぜひ応募してみてくださいね!

注目記事

LINEで送る
よっこよっこ
京都府北部出身。関東で一人暮らしをした後、結婚を機に大津へ。現在は、彦根で夫と8歳(小3)の娘、3歳(年少)の息子と暮らしています♪お菓子は作るのも食べるのも大好き!運動はちょっと苦手・・「今」をいかに楽しく快適に過ごすか、日々模索中です!
2021.4.22身近なニュース, , , , , 68 view

「シガマンマ」広告掲載のご案内

滋賀のママが滋賀のママのために情報発信
ピースマムがプロデュースする
ニュースサイト「シガマンマ」
広告掲載のご案内

サービス名「シガマンマ」は「ママ(イタリア語ではマンマ)×滋賀のまんま」を掛け合わせた造語。

滋賀に暮らし、子育て中のママが、ママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になるニュースを毎日配信します。
サービス開始以降、約30名の専任スタッフ(ママ)が、日々の暮らしの中からニュースを寄稿、専用システムを経由して、月間400本前後の記事を配信します。配信内容は、パソコン、タブレット、スマートフォンで簡単に閲覧できます。

2016年3月の開設以来、今日までに19000本を超えるニュースを配信してきました。

「シガマンマ」では、滋賀県内で催される子ども向けイベントや、子育てに役立つ便利グッズ、子どもの習い事情報など、すべてママ目線で寄稿され、「滋賀で子育てを楽しむママ」を応援することをメインテーマとしています。 サービス開始以降、絞り込んだターゲット層にも関わらず、ユニークユーザ15~17万人を超えたサイトに成長しております。

  • ★ SHIGA MAMMA シガマンマhttps://news.p-mom.net/
  • 2018年7月 滋賀ICT大賞 優秀賞受賞


    滋賀県内の子育て世代に効果的なPRをお考えの方はこちらから、媒体資料をご覧いただけます。

    シガマンマ媒体資料PDF
    滋賀のママによるプレママからベビー向け子育て情報|シガマンマベビー